旦那に内緒でパチンコ屋に通っています。

実は家族や友達に内緒でパチンコ屋に通っています。

パチンコやスロットをやり始めたきっかけは弟が遊戯していたこともあり、一度一緒にパチンコ屋へ行ったことがきっかえでした。

店内は音がうるさくて煙草の煙が充満していたのであまり良い印象はありませんでした。それ以来行ったことはなかったのですが、ある時日常生活で仕事や人間関係でストレスが溜まっていて現実から逃げたいと思っていた時がありました。

そんな時ふと目に入ったのがパチンコ屋で、一人で店内へ入りました。

弟と行った時のことを思い出して少し遊戯してみようと思いパチンコ台に座りました。するとビギナーズラックのためか大当たりが連続して2時間程度で2万円勝つことができました。

今まで味わったことがないような感覚になりそれからパチンコ屋へ一人で行くようになりました。
しかし彼氏はパチンコなどのギャンブルが大嫌いで煙草も吸わない人だったので私はパチンコへ行っていることは絶対に言えませんでした。もしばれたら絶対別れることになることは覚悟していました。けれども単調な毎日に刺激が欲しくて彼氏には嘘をついてパチンコ屋へ行ったことも何度もありました。

パチンコをした後彼氏と会う場合は煙草の匂いを消すために必ずシャワーを浴びてから会うようにしていました。シャワーができない状況の時は匂いがばれないかどうかとても不安でした。
その彼氏とは現在結婚しています。地元を離れ県外で暮らすようになってしばらくはパチンコ屋へは行くことはありませんでした。しかし、彼は仕事が忙しく休日もほとんどありません。私とは結婚して以来セックスレスで子供もできそうになく毎日孤独感で一杯でした。そんな心のすき間ができた時にパチンコのことを思い出してまた一人で通うようになりました。

今でも週に二回程度は遊戯をして楽しんでいます。

あの気持ちの高揚感を味わうのが目的でやめることができません。ばれないように今後も打ち続けたいと思います。

毎回行くときには決まったお金しか持って行かずお金を使い込むっていうことはないのですが、どうしてもあともう少しっていう時には独身時代の貯金をちょこちょこ崩したりしています。パチンコで勝つと一番にその通帳に戻すようにしているのでドンドン減っていくっていうことは今のところないですね。

たまにキャッシュカードを持ってくるのを忘れた時にはキャッシングを利用することもあります。

その日に借りれる金融があるのでそちらで借りたりしています。

http://xn--d9j2ai7iff3967c9nwb.com/

最近ずいぶんと普及したキャッシングを利用申込する方法は、今まで通りの店舗の窓口にお越しいただくだけでなく、ファクシミリや郵送、さらにパソコンやスマホからなどたくさんのものがあり、同じキャッシング会社であってもいくつか準備されている申込み方法から、決めていただけるようになっているものもあって便利なのです
様々なカードローンの会社別で、小さな相違点があったとしても、それぞれのカードローンの会社は事前に審査を行って、融資を希望している人に、即日融資で対応することが問題ないかどうか決めることになります。
利用者が急増中の即日キャッシングの仕組みや概要だけは、知っているという人はとてもたくさんいますが、それ以上にどんなやり方でキャッシングの借り入れが行われるのか、細かいところまで理解している方は、ほとんどいらっしゃらないでしょう。
口座にお金がない!という状態ならば、正直なところ、その日中に振り込み可能な即日キャッシングに頼って入金してもらうというのが、もっともおすすめです。どうしてもお金を大急ぎで入金してもらわないと困るという事情がある場合は、一番魅力的なサービスが即日キャッシングというわけです。
審査については、どこの会社のキャッシングを利用する方であっても行わなければいけないものであり、申込をした人に関する現況を、隠さず正直にキャッシング業者に提供しなければいけません。そしてそれらの現況を使って、キャッシングの事前審査が進められるわけです。

現代は、本当にたくさんのキャッシングローン会社から申し込み先を選べます。よくCMなどで見かける消費者金融(サラリーマン金融、街金とも)であれば聞いたことがある商品名、ブランドであり、特に注意などを払わなくても、必要な融資の申込することを決められるのではありませんか。
社会人になってから現在までの勤務年数と、今の家に住み始めてからの年数もカードローンの審査事項です。ちなみに勤務何年かということであるとか、現住所における居住年数の長さが基準以下の長さだと、そのことが原因でカードローンの審査において、他よりも不利になるのが一般的です。
ほとんどのカードローンなら、なんと即日融資も受けられます。つまり朝のうちに、取扱い業者にカードローンを申し込んで、問題なく審査に通ったら、なんと当日午後には、カードローンを使って新規融資を受けることが実現できるのです。
通常カードローン会社やキャッシング会社では、一般の方対象の無料でご相談可能なフリーダイヤルをきちんと準備しています。当然ですが、アドバイスを受けるときは、あなたのこれまでのキャッシングなどに関する実情をきちんと話した方がいいですよ。
利用者が多くなってきたカードローンに関する審査を行った結果によって、今借りたいと思っている金額が10万円というケースでも、カードローン会社の審査を受けた本人の状況に応じて、自動的に100万円、150万円といった信用度を大きく反映した制限枠が本人の申込額を超えて決定されるケースもあるようです。

もちろん無利息や金利が安いところなんかは、自分が申込をするローン会社をたくさんの中から選定するのに、大きな要素です。しかし我々が不安なく、借金の申込をしたいということなら、できるだけ大手銀行グループのキャッシングローン会社の利用をイチオシしたいと思います。
無利息、それはキャッシングでお金を借り入れても、利息不要という状態。サービスとしての名称は無利息キャッシングですが、当然と言えば当然なんですが限度なく利息いらずの状態で、貸したままにしてくれるというわけではありませんから!
キャッシング会社などがその規制対象となる貸金業法では、提出する申込書の記入方法も隅々までルールがあり、例を挙げるとキャッシング会社では間違えている個所を訂正することは、できないことになっています。なので、もし訂正が必要なケースでは、訂正箇所を二重線で抹消しわかるように訂正印を押印しないと書類が無効になってしまいます。
Web契約ならホームページから申し込んでいただけて、とてもシンプルでわかりやすく時間がない人にはすごくうれしいシステムですが、キャッシングに関する申込は、相当額のお金の貸借になるのですから、内容にもし記入漏れとか記入誤りなどがあった場合、通過できるはずの審査で落とされるなんてことになって融資が受けられない可能性も、少しだけど残っています。
要するに、貸してもらった資金の用途が誰にも縛られず、土地などの担保や返済が滞った時のための保証人などを準備することがない現金による借り入れというところは、キャッシングと呼ばれていてもローンでも、内容は同じだと言ったところで問題はありません。

このことが旦那にバレたらもう終わりなので今はもうキャッシングを使うことはほとんどありませんが・・・

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>